会社案内

沿革

2007年
■4月、事業領域を絞ったブティック型コンサルティング会社として資本金1百万円で設立。

■7月、高橋が代表者を勤めていた別法人からのコンサルティング業務の受託を中心としてコンサルティング事業を開始。

■9月、別法人との業務受託契約を解消。主要取引先(約16社)を継承。
   これを契機に北海道拓殖銀行OB等からの出資を受け、資本金を17百万円に増額。

■10月、東京、北海道をメインの事業エリアとして独自の営業活動を開始。

2010年
■4月、事業モデルを経営引受モデルに変更し、事業規模を縮小。主に案件実績のある物流、食品加工事業会社、総合商社に対し経営引受提案を実施。
2013年
■1月、代表者高橋が「経営引受モデル」に沿い潟cヅキ代表取締役に就任。
■4月、On siteでの業務改革実施が必要なため、当社の新規案件受託を中止。
2016年
■4月、中国パートナー側からの強い要請と、潟cヅキ社において実感した「マンション管理における管理組合に対するサポートの喫緊性」から、中国案件を再開、併せてマンション管理コンサル業務に参入を決定。   事業内容の変更に伴い資本構成の再構築を実施。
■12月、株式会社ツヅキの100%子会社となる。
2017年
■6月、本社を木場へ移す。